2020年10月22日

【10月22日】色彩豊かな紅葉が広がっています−紅葉初期−

20201022kumoba07-0848.jpg
2020年10月22日 8:45 雲場池 色彩豊かな紅葉

雲場池の紅葉は、現在、見ごろをむかえています。
全体的には色づき始めの紅葉が多く、みごろといっても初期の段階。
緑、黄色、朱色、赤と様々な状態の葉っぱが混ざり合って、非常に色彩豊かな景色が広がっています。

20201022kumoba03-0843.jpg
2020年10月22日 8:45 雲場池 東側遊歩道から見た西側カエデ並木の紅葉

(上写真)一番の見どころともいえる西側カエデ並木(上写真)の紅葉は色づきの進行が遅れぎみ。
赤色に染まる最盛期の色どりにはあと1週間くらいかかりそうですが、全体的には秋ならではの景色で、みごろの状態です。これから10月下旬、あるいは11月初旬にかけてさらに色どりを増していきそうです。

紅葉の進行とともに、人出の増加が顕著です。
今年は新型コロナウィルス感染の影響で、団体での観光客が少なく、海外からの観光もほとんどいない状況。観光客の数は例年に比べると少ないようですが、それでも、本格的な紅葉シーズンを直前に、じわりじわりと増えてきています。

例年、紅葉が最盛期になるのは、概ね10月25日過ぎから11月3日といったところですが、今年は今週末、あるいは来週くらいから本格的な見ごろに入りそうです。

尚、今年は新型コロナウィルス感染拡大の予防対策として、屋外環境であってもマスクの着用や人と人との距離を保つソーシャルディスタンスの確保などが求められています。
雲場池は、秋の紅葉シーズンが一年で最も人が訪れる時期で、例年紅葉狩りに訪れる人たちでにぎわいます。
池の周りの遊歩道は基本的に道幅が狭く、混雑してくると、どうしても密になりやすい環境です。マスク着用とソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。

20201017kumobaコロナ看板.jpg
2020年10月17日撮影 雲場池 駐輪場の隅に掲示されたメッセージ「マスクを着用してお楽しみください」

【紅葉時期の参考】雲場池の四季(軽井沢草花館HPより) 

過去の紅葉の様子を写真で紹介しています。年によって紅葉時期が多少異なります。


【雲場池の基本情報】

雲場池は南北に細長い池で、1周600mほどの遊歩道(1周15から20分程度)が整備されていて、誰もが散策を楽しむことができます。周辺には別荘が多く、お散歩コースとして人気があります。

kumoba_map2020.jpg
雲場池の遊歩道 2020年10月22日現在

kumoba_map20191013_4000dpi.jpg
雲場池周辺地図

お車の方は周辺の駐車場をご利用ください。池の入口付近には駐車禁止道路で駐車できません。雲場池周辺の道路は道幅が狭く、歩行者や自転車も多く通行します。路上駐車をされますと、渋滞のもとになったり、事故が起きやすくなります。ご協力お願いいたします。

【雲場池へのアクセス等 アクセス・駐車場・トイレ】

軽井沢駅から1.5kmほど。徒歩でのアクセスが一般的です。レンタル自転車もお勧めですが、紅葉が見ごろの時期は駐輪場に自転車を停められないほどたくさんの人が訪れます。

雲場池詳細エリアマップ(詳細) → googleマップ

お車で来るられる予定の方は、近くの駐車場(上地図参照)が便利ですが、台数が限られており、例年であれば、見ごろの時期は込み合います。※雲場池入口付近は路上駐車禁止エリアです。

また、紅葉シーズンはトイレが混雑して行列ができています。事前に(例えば駅などで)用を済ませてから来られることをお勧めします。

【お天気/服装】

軽井沢は標高約1000mの高原です。東京に比べると平均気温が8度程度低く、10月終わりころになると氷点下にまで気温が下がることがあります。気象情報に留意いただき、暖かな服装でお出かけください。日中暖かくても朝晩は冷え込みます。


【本日の雲場池(2020.10.22)】

以下、池の周りの遊歩道を反時計回りに進みながら撮影した写真の紹介です(時間不順)。

(下写真)池の正面入口(南側)から入ってすぐこの景色が広がっています。例年に比べると、団体旅行のお客様や、外国からの旅行者が少ないので、今のところ密になるような状況ではありませんが、昨日くらいから顕著に人が増えてきました。今後、さらに増えてきそうです。安全に紅葉狩りを楽しんでいただくためにも、マスクの着用とソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。

20201022kumoba00-0841.jpg
2020年10月22日 8:40 雲場池 正面入口付近からの景色

kumoba_map2020_下流道路.jpg
MAP 本日の散策ルート(赤い点線)

(下写真)池の正面から右に進んですぐの場所から撮影した写真です。池の西側の池縁に沿うように、カエデ(イロハモミジ中心)の木が連なっていて、紅葉シーズンはこの部分が赤く染まって美しい景色が広がります。風がない状態では写真のように池の水面に景色が映り込んで、鏡池となります。
雲場池の紅葉で一番の見どころですが、本格的な色どりまでもう少しといったところ。今後、月末(あるいは11月初旬)にかけて色どりを増していきそうです。

20201022kumoba01-0842.jpg
2020年10月22日 8:40 雲場池 遊歩道東側より西側カエデ並木

(下写真)上の写真の反対側となる、池の正面から見て右側(東側)の景色です。紅葉が左側(西側)より進んでいて、見ごろをむかえています。※こちらは手前の方にカエデが多く、奥の方はカエデを含む多種の木が並んでいます。

20201022kumoba02-0842.jpg
2020年10月22日 8:40 雲場池 池の正面から右側(東側)の景色

20201022kumoba04-0839.jpg
2020年10月22日 8:40 雲場池 遊歩道東側

20201022kumoba03-0843.jpg
2020年10月22日 8:45 雲場池 遊歩道東側

(下写真)赤、黄、緑の色彩豊かな景色が広がっています。カエデやドウダンツツジの紅葉は部分的に真っ赤に色づいています。

20201022kumoba05-0845.jpg
2020年10月22日 8:45 雲場池 遊歩道東側

基本的に遊歩道の道幅は狭く、人とすれ違う際は、比較的近い位置ですれ違うことになります。
今後、本格的な紅葉シーズンに入ると、大変多くの人が訪れることが予想されます。新型コロナウィルス感染予防の観点からマスクを着用しての散策を心掛けましょう。

20201022kumoba06-0846.jpg
2020年10月22日 8:45 雲場池 遊歩道東側

20201022kumoba07-0848.jpg
2020年10月22日 8:45 雲場池 遊歩道東側

(下写真)ドウダンツツジが赤味を増して、遊歩道を覆っています。今後、さらに赤味を増していきます。

20201022kumoba08-0850.jpg
2020年10月22日 8:50 雲場池 遊歩道東側

(下写真)中央の木橋地点です。雲場池の正面入口(南側)から250mくらい進んだ地点にあり、大半の人はこの木橋を渡って折り返し、元の場所に戻ります。

20201022kumoba09-0851.jpg
2020年10月22日 8:50 雲場池 中央の木橋

(下写真)上の写真の中央の木橋をさらに上流側に進んだところです。

20201022kumoba10-0853.jpg
2020年10月22日 8:55 雲場池 上流側の木橋

20201022kumoba11-0853.jpg
2020年10月22日 8:55 雲場池 上流側 遊歩道東側

kumoba_map2020-05-1018.jpg
MAP:上写真の位置(赤丸)

20201022kumoba12-0855.jpg
2020年10月22日 8:55 雲場池 上流側 遊歩道西側

20201022kumoba13-0858.jpg
2020年10月22日 9:00 雲場池 遊歩道西側

kumoba_map2020-08.jpg
MAP:上写真の位置(赤丸)

20201022kumoba14-0901.jpg
2020年10月22日 9:00 雲場池 遊歩道西側

(下写真)日当たりのよいところでは池縁のドウダンツツジがきれいに色づいています。

20201022kumoba15-0902.jpg
2020年10月22日 9:00 雲場池 遊歩道西側

20201022kumoba16-0909.jpg
2020年10月22日 9:10 雲場池 遊歩道西側

20201022kumoba17-0910.jpg
2020年10月22日 9:10 雲場池 遊歩道西側

20201022kumoba18-0911.jpg
2020年10月22日 9:10 雲場池 遊歩道西側

kumoba_map2020-10.jpg
MAP:上写真の位置(赤丸)

【小さな美術館軽井沢草花館 展示のご案内】

「石川功一の水彩・油彩展 −和歌に詠まれた草花たち−」11月23日まで開催中です。(火&水曜日休館)
下の画像をクリックすると詳細サイトにリンクします。

20200801exhibit_700.jpg

以上
posted by 軽井沢草花館 at 15:23| 2020年秋