2015年10月30日

10月30日 紅葉も後半 カラマツ舞い始め

例年であれば、紅葉が最盛期をむかえるこの時期ですが、今年は紅葉が非常に早くに進み、散り始めの時期になっています。
池の西側に連なるカエデ(もみじ)の紅葉が落葉を始めていますが、全体的には見ごろを保っている状態です。
遊歩道には赤や黄色の葉っぱが落ちて、地面を秋色に染めています。
落葉前の紅葉を前半だとすると、色づいた葉っぱが散り始めて地面に彩りが加わった状態は後半といえそうです。

20151030kumoba00-1025.jpg

また軽井沢町内に多いカラマツの黄葉が美しい季節に入っています。
カラマツの葉には独特の香りがあり、心を落ち着かせてくれる優しさを感じます。
これがヒラヒラと舞い落ちる季節になると、一帯は香りの森林浴場といったところ。
現在、そのヒラヒラが始まっていて、雨上がりなど、特に香りを感じます。
例年11月中頃くらいまででしょうか?カラマツのヒラヒラが続きます。
※雲場池の池縁にはありませんが、周辺の別荘地をはじめ、いたるところでカラマツが見られます。
※カラマツ:最近は建材に使われることも増えてきていて、ラーチ材、ラーチ合板と呼ばれます。

では、雲場池にこれから行く予定の方は以下にご注意ください。ご参考まで

お天気/服装:軽井沢は標高950mの高地にあり気温が低いです。事前に天気予報をチェックして、着るものに十分気を付けてください。日中暖かくても夕方近くになると急に冷え込みます。
また、折りたたみ傘もあると安心です。軽井沢の中でも雲場池のあるエリアは霧や雨の多い地区となります。

トイレ:雲場池には公共トイレが1か所ありますが(男女別、他多目的トイレ×1)、ブースが少なく、紅葉シーズン繁忙期には毎年、列ができています。雲場池に来る前にトイレを済ませておくことをお勧めします。

車でのアクセス注意事項:お車でお越しの際は、周辺の駐車場に停めてから、徒歩でのアクセスになります。雲場池入口付近、および周辺の道路は路上駐車禁止エリアです。時間に余裕をもってお越しください。
この時期は非常に多くの人が歩行(あるいは自転車での通行)しますので、雲場池の入口周辺に車を駐車されますと、交通渋滞のもとになったり、事故のリスクを高めるようなことがありますので、皆様のご理解ご協力をお願いいたします。
一番近い駐車場は雲場池入口から250bほど離れた場所にある有料駐車場。駐車台数も多く、大型車も駐車可能です。もう少し離れた場所(450b)に町の無料駐車場もありますが、駐車台数がそれほど多くないため、繁忙期は満車の可能性が高いです。


以下、本日(10月30日)、午前中に雲場池を遊歩道から撮影した写真です(反時計回りに1周)。
カエデ(もみじ)の紅葉は散り始めていますが、ドウダンツツジの真っ赤な紅葉はまだほとんど落ちていないようです。

20151030kumoba01-1000.jpg
2015年10月30日 雲場池 遊歩道東側より西側カエデ(もみじ)並木の紅葉 1

20151030kumoba02-1005.jpg
2015年10月30日 雲場池 遊歩道東側より西側カエデ(もみじ)並木の紅葉 2

20151030kumoba03-1010.jpg
2015年10月30日 雲場池 遊歩道東側 ドウダンツツジとカエデ(もみじ)の紅葉

20151030kumoba04-1010.jpg
2015年10月30日 雲場池 遊歩道西側より南方向をみた景色

20151030kumoba05-1015.jpg
2015年10月30日 雲場池 池の南側からみた西側カエデ(もみじ)並木の紅葉

【軽井沢草花館 展示のご案内】

軽井沢草花館では「軽井沢の草と花展(5)」を開催しています。

草花館2015-05.jpg

石川功一の描いた草花スケッチと油彩画、計47点を展示しています。

 2015年11月23日まで
 10:00から17:00
 火曜休館(但し11/3は開館)
 入館料 500円
 場所(雲場池から約1.0km)Google MAP 

nurude.jpg
石川功一 真っ赤に染まったヌルデの紅葉 2000年 カンバス 油彩

イネ科、カヤツリグサ科など「草」の作品にスポットを当てた企画展です。
オオモミジ、ヌルデ、コブシの実、チョウセンゴミシの実など、この時期の紅葉したり、実をつける草木の作品も展示しています。詳しくは以下のサイトをご覧ください。

ブログ(ユウスゲ日記より展示案内)

軽井沢草花館HP
posted by 軽井沢草花館 at 14:44| 2015年秋