2016年10月08日

【カモ】キンクロハジロが飛来 オシドリはどこかへ

今年も、キンクロハジロが雲場池にやってきました。
現在、池にはカルガモ、マガモ、キンクロハジロの水鳥が棲んでいます。

20161008kumoba01kinkurohajiro.jpg
2016年10月8日 雲場池 キンクロハジロ(金黒羽白)

キンクロハジロは、毎年この時期になるとやってきて、ここで冬を過します。
厳寒の軽井沢でなく、冬はもう少し暖かいところに行けばよいのに…
と思ったりしますが、きっと居心地が良いのでしょう。
そして、5月の連休過ぎくらいになるといつの間にか去っていきます。
今日、確認できたのは1羽だけですが、これから仲間が増えるかもしれません。
年によりますが、10羽ほど飛来してくることがあります。

写真はかなり離れた場所から撮影したものなので、上手にとれていませんが、記録として載せました。
まだ池にやってきたばかりで人に慣れていないため、留鳥のカルガモと違って、人の気配には敏感です。

また、すでにいなくなってしまいましたが、10月4日にオシドリのオスを池で確認しました(下写真)。
毎年、オシドリのメスはよく見かけますが、オスは神出鬼没なので見る機会が少ないです。

20161004kumoba01oshidori.jpg
2016年10月4日 雲場池 オシドリのオス(手前)とメス(後方2羽)

メスのほうは9月の上旬から姿を見せていて、3羽ほどが雲場池で過ごしていました。
ところが、10月4日にオスがやってきた後は、姿が見られません。
オスと一緒にどこかに行ってしまったのでしょうか?

以下、今日の紅葉の様子です。

ここ2〜3日で赤みが増してきました。
本格的な紅葉シーズンにはもう少し先ですが、順調に紅葉が進んでいるようです。

20161008kumoba00-1010.jpg
2016年10月8日 軽井沢 雲場池 入口正面より(南側から北方向を見た景色)

雲場池の紅葉は例年10月25日から11月3日ころに最盛期を向かえますが、今のところ、あたたかな天候が続いた影響でゆるやかに進行しています。

20161008kumoba02-0945.jpg
2016年10月8日 雲場池 池の東側から西側のカエデ並木を見た景色

20161008kumoba.jpg
2016年10月8日 雲場池 栗の木の枝に寄生したヤドリギに実がついていました
posted by 軽井沢草花館 at 13:55| 2016年秋