2016年10月26日

8〜9分 最盛期の彩り 10月25日の2008-2016比較

今日は朝から気温が高く、季節が逆戻りしたかのような暖かさに。
天気も良く、紅葉狩りには最高の天気となりました。
池の周り全体では8〜9分の色づき具合といったところ。
例年並みかか、やや遅めの進行ですが、現在、最盛期の彩りです。

20161026kumoba00-0954.jpg
2016年10月26日 9:55 軽井沢 雲場池

今日の暖かさとは反対に、おととい24日の夜から昨日25日の朝にかけて今季初めてとなる氷点下の冷え込みとなりました。昨日25日は日中の気温も上がらず、最高気温は平年よりも5.0度低い9.2度。おまけに午後からは小雨が降り、紅葉狩りには少々厳しい一日となってしまいました。
この冷え込みによって、雲場池の周辺で落ち葉が目立つようになりましたが、池の西側に連なるカエデ(イロハモミジ)並木の紅葉に大きなダメージはなかったようです。落ち葉も最小限で、昨日よりもだいぶ赤みが増しています。
※池の周辺でこうした落ち葉が見られるのも秋が深まってきた証拠で、秋らしい雰囲気が一層深まります。

20161026kumoba01-0946.jpg
2016年10月26日 9:45 雲場池 西側カエデ並木を見た景色

例年10月25日から11月3日くらいが最盛期の目安ですので、今年はおおむね例年並みかやや遅めといった印象です。
これから10月下旬にかけてさらに彩りを増していきそうで、さらには11月初旬まで最盛期の状態がキープされることを期待しています。
ただし、お天気(冷え込み、霜、雨、強風など)や樹木の状態によって、今後の状況も変わっていきますので、あくまでも参考程度のご覧ください。

20161026kumoba02-0948.jpg
2016年10月26日 9:45 雲場池 西側カエデ並木を見た景色

雲場池の形状は南北に細長く、その周りに1周500mくらいの遊歩道が整備されています(1周15分程度)。
散策ポイントによって、また、その日の天気や日差しの向き(時間帯)によって、景色の見え方も様々で、紅葉の名所として毎年多くの人が訪れます。特に池の西側に連なるカエデ(イロハモミジ)が真っ赤に紅葉する時期が一番の人気(上写真)。
この西側のカエデ紅葉は現在見ごろとなっていて、今週末にかけて、さらに赤みが増していそうです。

20140425roppontsuji07.jpg
雲場池周辺地図 (軽井沢駅から約1.5km 徒歩20分程度)

今後11月初旬まで、特に今週末の10月29日(土)、30日(日)、11月3日(祝)には大変多くの方が紅葉見学のために雲場池に来られることが予想されます。訪問予定のかたは、時間に余裕をもってお越しくださるようお願いいたします。

【過去の雲場池紅葉状況(2008年-2016年)】

以下のページに、過去の雲場池の紅葉状況を紹介していますので、参考にご覧下さい。
その年によって、紅葉時期が異なります。
(※昨年、一昨年は例年よりも早くに紅葉の最盛期が来て、散り始めも早くに訪れました)

参考HP 雲場池の四季(軽井沢草花館) http://www.kusabana.net/kumoba/main.htm

お天気/服装】
軽井沢は標高950mの高地にあり気温が低いです。事前に天気予報をチェックして、着るものに十分気を付けてください。日中暖かくても夕方近くになると急に冷え込みます。
また、折りたたみ傘もあると安心です。軽井沢の中でも雲場池のあるエリアは霧や雨の多い地区となります。


トイレ】
雲場池には公共トイレが1か所ありますが(男女別、他多目的トイレ×1)、ブースが少なく、紅葉シーズン繁忙期には毎年、列ができています。雲場池に来る前にトイレを済ませておくことをお勧めします。

車でのアクセス注意事項】
お車でお越しの際は、周辺の駐車場に停めてから、徒歩、あるいは自転車でのアクセスになります。雲場池入口付近、および周辺の道路は路上駐車禁止エリアです。時間に余裕をもってお越しください。
これから本格的な紅葉シーズンに入っていくと、周辺道路に非常に多くの人が歩行(あるいは自転車での通行)するようになります。雲場池の入口周辺に車を駐車されますと、交通渋滞のもとになったり、事故のリスクを高めるようなことがありますので、皆様のご理解ご協力をお願いいたします。
一番近い駐車場は雲場池入口から250bほど離れた場所にある有料駐車場。駐車台数も多く、大型車も駐車可能です。もう少し離れた場所(450b)に町の無料駐車場もありますが、駐車台数がそれほど多くないため、繁忙期は満車の可能性が高いです。

【雲場池へのアクセス等】 アクセス・駐車場・トイレ


以下、本日撮影した池の周りの風景です。
(池の正面入口(南側)から遊歩道反時計回りに1周)

20161026kumoba03-0934.jpg
2016年10月26日 9:35 雲場池 池の東側の遊歩道からの景色

20161026kumoba04-0936.jpg
2016年10月26日 9:35 雲場池 池の東側の遊歩道からの景色

ドウダンツツジの紅葉が鮮やかさを増してきました(上写真)。
毎年、カエデの紅葉よりもすこし遅れて色づいていくので、11月に入ったころから真っ赤になっていきそうです。

20161026kumoba05-0937.jpg
2016年10月26日 9:35 雲場池  遊歩道の折り返し地点にある飛び石

20161026kumoba06-0938.jpg
2016年10月26日 9:40 雲場池 池の西側の遊歩道からの景色

日当たりのよい場所ではドウダンツツジがだいぶ赤みを増しています。

20161026kumoba07-0939.jpg
2016年10月26日 9:40 雲場池 池の西側の遊歩道からの景色

20161026kumoba08-0941.jpg
2016年10月26日 9:40 雲場池 池の西側の遊歩道からの景色

20161026kumoba09-0943.jpg
2016年10月26日 9:45 雲場池 池の西側の遊歩道からの景色

西側に連なるカエデ並木の紅葉がとてもきれいな状態です。まだ完全に赤くなりきっていないので、これからさらに色味を増していきそうです。

20161026kumoba10-0945.jpg
2016年10月26日 9:45 雲場池 入口のある池の南側付近からの景色(左は西側のカエデ並木)


【10月25日の紅葉 2008年から2016年までの9年間を比較】

下の写真は同じ10月25日に撮影した雲場池の写真を今年を含めて過去9年分並べてみたものです

2008-2016_1025.jpg
軽井沢 雲場池 2008年から2016年の10月25日 紅葉の状態(右下が今年)

ちょっと残念なのは、今年の写真の左半分に、雑木(ヤナギ)の枝葉が映り込んでしまって、池の西側に連なるカエデ並木の紅葉の様子が大部分欠けてしまっていることです。しかし、こればかりは自然環境の変化なので仕方ありません。ご了承ください。

多少比較しづらい状況ではありますが、並べてみると、大まかな特徴が見えてきます。
今年は25日現在、やや遅めに紅葉が進んでいるといえそうです。
この9年間では過去2010年と2012年の紅葉が「色づき始めが遅く」、「散り始めも遅かった」年ですが、今年も状況が似ています。
特に西側のカエデ並木の紅葉が8〜9分程度の色づき具合で、まだ1〜2分程度の余裕が感じられるからです。
まだ緑やオレンジ色の状態が残っているので、それらが赤くなっていくと、鮮やかさも増していきそうです。

下は、5日前の10月20日を過去9年間並べてみたものです。
僅か5日の差ですが、この期間に紅葉の変化は大きく変わります。

2008-2016_1020.jpg
軽井沢 雲場池 2008年から2016年の10月20日 紅葉の状態(右下が今年)
posted by 軽井沢草花館 at 11:50| 2016年秋