2017年07月01日

雨の一日で7月始まる

6月24日以来、1週間ぶりの更新となります。
6月は平年の70%くらいしか雨が降らず、雨不足にならないだろうか?
と心配していましたが、7月に入ったとたんに、まとまった雨となっています。
ヤマアジサイの花も咲きはじめ、梅雨明けに向って、夏の花が次々と咲いてくる季節です。

20170701kumoba00-0639.jpg
2017年7月1日 6:40 軽井沢 雲場池

以下に、
1.今朝、雨の中を散策した時の写真。
2.6月の水鳥ひな誕生(カルガモ&カイツブリ)の記録
3.6月下旬、底質改善剤散布の後の様子
4.6月の気象データまとめ
を記します。

【7月1日朝、雨の散歩風景】

水たまりができているので、長ぐつが必要ですが、雨音だけが響く人気のない歩道を一人で歩くのも意外と好きです。
7月になり、池縁のヤマアジサイが咲きはじめています。

20170701kumoba01-0616.jpg
2017年7月1日 6:15 雲場池 遊歩道 東側より

20170701kumoba02-0617.jpg
2017年7月1日 6:15 雲場池 遊歩道 東側より

20170701kumoba03-0625.jpg
2017年7月1日 6:25 雲場池 遊歩道 西側より

20170701kumoba04-0626.jpg
2017年7月1日 6:25 雲場池 遊歩道 西側より

20170701kumoba05-0627.jpg
2017年7月1日 6:25 雲場池 遊歩道 西側より

20170701kumoba06-0628.jpg
2017年7月1日 6:30 雲場池 遊歩道 西側より

20170701kumoba07-0635.jpg
2017年7月1日 6:35 雲場池 遊歩道 西側より

20170701kumoba-yamaajisai.jpg
2017年7月1日 雲場池 ヤマアジサイ 7月に入って咲きはじめました
(7月下旬ころまでにきれいな花を咲かせます)

【6月に雲場池で誕生した雛たち】

カルガモとカイツブリに雛が誕生しています。野生の水鳥なので、見かけても静かに見守りましょう。

20170615kumoba-karugamo.jpg
2017年6月15日 雲場池下流 精進場川にて カルガモの親子(雛3羽) ひと家族目

20170627kumoba-karugamo.jpg
2017年6月27日 雲場池 カルガモの親子(雛4羽) ふた家族目

20170628kumoba-kaitsuburi.jpg
2017年6月28日 雲場池 カイツブリの親子(雛2羽)

【底質改善剤散布後の風景】

6月26日から30日まで、池の底質改善剤散布作業が行われました。池の水がわずか、乳白色になりましたが、問題なく終了して、現在、濁りも完全に消えています。
※天然成分(微生物)によるものなので、動植物に悪い影響はないとのこと

20170628kumoba00-0849.jpg
2017年6月28日 雲場池 底質改善剤散布後の風景

【6月の気象データ】

6月の平均気温は15.0度。平年値15.6よりも0.6度低く、この20年間でいえば、最も涼しい6月となりました(2002年と2012年も平均気温15.0度)。
雨量が少なく、日照時間が非常に長かったのも、今年の6月の特徴です。

20170630graph.png
グラフ:2017年4月から6月までの気温の変化

気温の推移をみると、上旬、中旬は平年値をだいぶ下回り、寒く感じる日も何日かありましたが、下旬になると冷え込みがなくなり、気温が上がりました。6月の中旬と下旬では4度近くも気温差がありました(下の表)。

3-6月の旬ごと平均気温03.png

一方、6月の雨量は平年の7割ほどで少なかったです。
ただし、このブログを書いている7月1日は未明から雨が降り始め、14時現在ですでに72_の雨量を観測。
雨不足がだいぶ解消されそうですが、降りすぎも困ったものです。

表:2017年 軽井沢の旬ごとの気温、雨量、日照時間、相対湿度
2017気象データ一覧0630re.png

また、雨が少なかったことに相応して日照時間がとても長い6月となりました。
6月の合計日照時間は207.7時間で、平年値134時間の1.55倍となりました。
日照時間が200時間を超えたのは1958年以来、59年ぶり。
雨が少なかった結果の一面といえそうです。

表:軽井沢 3~6月の旬ごとの雨量
3-6月の旬ごと平均雨量.png
posted by 軽井沢草花館 at 14:28| 2017年夏