2019年06月13日

【6月13日】芽吹きから新緑のまとめ&お天気グラフ

7日に梅雨入りしてからぐずついた天気が続いていましたが、今日は朝から日差しが出て、絶好のお出かけ日和、そして洗濯日和となりました。
4月の終わりころから始まった木々の芽吹き、若葉の季節、そして新緑のシーズンを経て、現在夏の深い緑に近付いています。
下は、新緑の変化を日々観察してまとめたものですが、今後6月下旬になるとヤマアジサイが咲き始め、梅雨が明ける7月になれば軽井沢は本格的な避暑地シーズンに入っていきます。※下の画像をクリックすると、詳細をご覧いただけます。

20190613kumoba-shinryoku.jpg

さて、今日は雲場池周辺の木々がたっぷりと日差しを浴びてキラキラと輝いていました。
春から秋にかけては同じことが言えそうですが、晴れの日と曇りの日では同じ景色でも色やコントラストがだいぶ違います。

下の写真は本日撮影したものですが、日差しを浴びて、緑がくっきりと鮮やかです。

20190613kumoba00-1010.jpg
2019年6月13日 軽井沢 雲場池 晴天日の風景

一方、下の写真は昨日撮影したもので、今日のように日差しはなく曇天の時間帯の景色です。
鮮やかさはありませんが、全体がやわらかな光に包まれて、落ち着いた風景です。

20190612kumoba00-0842.jpg
2019年6月12日 軽井沢 雲場池 曇天日の風景

違う角度からみると、

20190613kumoba01-1011.jpg
2019年6月13日 雲場池 遊歩道東側より西側カエデ並木をみた風景(晴天)

20190612kumoba01-0840.jpg
2019年6月12日 雲場池 遊歩道東側より西側カエデ並木をみた風景(曇天)

どちらが良いというものではありませんが、これだけ違います。
梅雨時は晴れ間が少ないかもしれませんが、雨が降っていなければとても曇天の時の美しい景色が広がってきれいです。

20190612kumoba-hebiichigo.jpg
2019年6月12日 雲場池 ヘビイチゴの実

20190613kumoba-onihyoutanboku.jpg
2019年6月13日 雲場池 オニヒョウタンボクの実 7月にかけて赤く熟していきます

【お天気グラフ】

今年の3月からの気温グラフを作りました。

20190610graph.png
グラフ1 2019年 軽井沢 3月からの気温変化(赤:最高気温、緑:平均気温、青:最低気温)

これまで特徴的なことは
・昨年に続いて、冬期(4月まで)の積雪が非常に少なかった
・5月26日に最高気温が29.5度まで上がり、軽井沢における5月の最高気温記録を更新
・5月の合計日照時間は約270時間で、軽井沢の気象観測史上最も長かった

特に5月は雨が比較的少なく、その代わりに日照時間がとても長く、約270時間/月となりました。
5月の日照時間は平年値の約141%もあり、多少なり、植物の成長に影響があったかもしれません。

表1:軽井沢 2019年の旬毎の平均気温、雨量、相対湿度、日照時間
2019気象データ一覧0610.png
posted by 軽井沢草花館 at 16:50| 2019年春から新緑