2020年11月10日

【11月10日】雲場池、晩秋の景色に

【本日の雲場池(2020.11.10)】

20201110kumoba05-0622.jpg
2020年11月10日 早朝6:20頃 雲場池 部分的に朝焼けした空

今朝は氷点下の冷え込みとなりました。
日中は秋晴れとなりましたが、午前中には(積もることはありませんでしたが)小雪が舞うなど、寒い一日でした。

雲場池の紅葉はすでに見ごろの時期を過ぎ、シーズンも終わりに近づいてきました。
全体的に落葉が進み、見どころとなっている西側のカエデ並木も大部分の葉が落ちました。
今後、徐々に落葉が進み、冬の景色へと変わっていきます。
それでも、所々できれいな紅葉が見られ、晩秋の紅葉を楽しむこともできます。
雲場池の周辺でも、各所にきれいな紅葉が残っており、晩秋の紅葉を捜しながら周辺の散策を楽しむこともできそうです。

また、現在(雲場池の遊歩道沿いにはありませんが)軽井沢町内のカラマツが落葉の季節をむかえていて、風が吹くたびにひらひらと舞い降りて、きれいです。

 雲場池詳細エリアマップ(詳細) → googleマップ


※雲場池の遊歩道は開放的な屋外空間となりますが、基本的に遊歩道の道幅は狭く、人とすれ違う際は、比較的密な状況になります。新型コロナウィルス感染予防の観点からマスクを着用しての散策を心掛けてください。

以下、池の周りの遊歩道を反時計回りに進みながら撮影した写真の紹介です(時間不順)。

(下写真)雲場池の正面入口(南側)から入ってすぐこの景色が広がっています。落葉が進み、色彩が少なくなってきました。

20201110kumoba00-0836.jpg
2020年11月10日 8:35 雲場池 正面入口付近からの景色

kumoba_map2020_上流.jpg
MAP 本日の散策ルート(赤い点線)

(下写真)池の正面から右に進んですぐの場所から撮影した写真です。
池の西側の池縁に沿うように、カエデ(イロハモミジ中心)の木が連なっていて、紅葉シーズンはこの部分が赤く染まって一番の見どころとなっていますが、現在、落葉が進み、色彩が少なくなりました。

20201110kumoba01-0837.jpg
2020年11月10日 8:35 雲場池 遊歩道東側より西側カエデ並木

20201110kumoba03-0827.jpg
2020年11月10日 8:25 雲場池 遊歩道東側より西側カエデ並木

(下写真)上の写真の反対側となる、池の正面から見て右側(東側)の景色です。こちらも落葉が進みました。

20201110kumoba02-0837.jpg
2020年11月10日 8:35 雲場池 池の正面から右側(東側)の景色

20201110kumoba04-0828.jpg
2020年11月10日 8:30 雲場池 遊歩道東側

(下写真)中央の木橋地点です。雲場池の正面入口(南側)から250mくらい進んだ地点にあり、大半の人はこの木橋を渡って折り返し、元の場所に戻ります。

20201110kumoba05-0830.jpg
2020年11月10日 8:30 雲場池 中央の木橋

20201110kumoba06-0831.jpg
2020年11月10日 8:30 雲場池 中央・木橋の上からの景色

20201110kumoba07-0832.jpg
2020年11月10日 8:30 雲場池 遊歩道西側

(下写真)早朝は雲に覆われていましたが、東の空の一角で雲の隙間から光がこぼれ、部分的に朝焼けしていました。※一部のカエデがきれいに色づいています

20201110kumoba05-0622.jpg
2020年11月10日 6:20 雲場池 遊歩道西側

基本的に遊歩道の道幅は狭く、人とすれ違う際は、比較的近い位置ですれ違うことになります。
紅葉シーズンも終わりに近づいて、人出が少なくなってきましたが、新型コロナウィルス感染予防の観点からマスクを着用したり、人と人との間隔を広くとるなどソーシャルディスタンスの確保に心掛けましょう。

20201110kumoba08-0836.jpg
2020年11月10日 8:35 雲場池 遊歩道西側(落ち葉そうじ)

kumoba_map2020-10.jpg
MAP:上写真の位置(赤丸)

【小さな美術館軽井沢草花館 展示のご案内】

「石川功一の水彩・油彩展 −和歌に詠まれた草花たち−」11月23日まで開催中です。(火&水曜日休館)
下の画像をクリックすると詳細サイトにリンクします。

20200801exhibit_700.jpg

以上
posted by 軽井沢草花館 at 21:36| 2020年秋