2020年11月13日

【11月13日】晩秋散歩

【本日の雲場池(2020.11.13)】

20201113kumoba-magamo.jpg
2020年11月13日 雲場池 マガモのペア

今朝も冷え込んで、5日連続で氷点下を記録しました。それでも日中は15.2度(平年差+4.0度)まで気温が上がり、絶好の散策日和となりました。

雲場池の紅葉は、ほぼ終了といったところですが、周辺ではまだきれいな紅葉が残っており、鮮やかなはありませんが、冬を前にした淡い彩りに包まれた晩秋の景色が広がっています。
朝晩の冷え込みは厳しいものの、今週末、そして来週にかけて、比較的安定して秋晴れが広がる予報で、日中の気温が10度を超えて来そうです。紅葉シーズンに比べると人も少なく、冬の手前の晩秋散策はいかがでしょうか。

 雲場池詳細エリアマップ(詳細) → googleマップ


※雲場池の遊歩道は開放的な屋外空間となりますが、基本的に遊歩道の道幅は狭く、人とすれ違う際は、比較的密な状況になります。新型コロナウィルス感染予防の観点からマスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保を心掛けて散策をお楽しみください。

以下、池の周りの遊歩道を反時計回りに進みながら撮影した写真の紹介です(時間不順)。

(下写真)雲場池の正面入口(南側)から入ってすぐこの景色が広がっています。落葉が進み、色彩がほとんどなくなってしまいましたが、散策に訪れる人はそれなりに多く、晩秋の散策を楽しんでいました。

20201113kumoba00-0959.jpg
2020年11月13日 10:00 雲場池 正面入口付近からの景色

kumoba_map2020_上流.jpg
MAP 本日の散策ルート(赤い点線)

20201113kumoba00-0930.jpg
2020年11月13日 9:30 雲場池 正面入口付近からの景色

(下写真)池の正面から右に進んですぐの場所から撮影した写真です。
池の西側の池縁に沿うように、カエデ(イロハモミジ中心)の木が連なっていて、紅葉シーズンはこの部分が赤く染まって一番の見どころとなっていますが、現在、落葉が進み、色彩がほとんどなくなりました。

20201113kumoba01-0931.jpg
2020年11月13日 9:40 雲場池 遊歩道東側より西側カエデ並木

基本的に遊歩道の道幅は狭く、人とすれ違う際は、比較的近い位置ですれ違うことになります。
紅葉シーズンも終わりに近づいて、人出が少なくなってきましたが、新型コロナウィルス感染予防の観点からマスクを着用したり、人と人との間隔を広くとるなどソーシャルディスタンスの確保を心掛けましょう。

(下写真)中央の木橋地点です。雲場池の正面入口(南側)から250mくらい進んだ地点にあり、大半の人はこの木橋を渡って折り返し、元の場所に戻ります。

20201113kumoba02-0938.jpg
2020年11月13日 9:40 雲場池 中央の木橋

20201113kumoba03-0940.jpg
2020年11月13日 9:40 雲場池 遊歩道西側

20201113kumoba04-0944.jpg
2020年11月13日 9:45 雲場池 遊歩道西側

20201113kumoba05-0945.jpg
2020年11月13日 9:45 雲場池 遊歩道西側

kumoba_map2020-10.jpg
MAP:上写真の位置(赤丸)

(下写真)10月中旬からキンクロハジロやマガモが渡ってきており、現在それぞれ20羽以上確認できます。

20201113kumoba-kinkurohajiro_magamo.jpg
2020年11月13日 雲場池 (水鳥)キンクロハジロとマガモ

【小さな美術館軽井沢草花館 展示のご案内】

「石川功一の水彩・油彩展 −和歌に詠まれた草花たち−」11月23日まで開催中です。(火&水曜日休館)
下の画像をクリックすると詳細サイトにリンクします。

20200801exhibit_700.jpg

以上
posted by 軽井沢草花館 at 17:59| 2020年秋