2013年07月06日

ヤマアジサイの季節&カルガモ情報

20130706kumoba08.jpg
2013年7月6日 6:20 軽井沢雲場池 南側正面入り口から北側方向

7月に入り、雲場池の池縁ではヤマアジサイが咲き始めています。ヤマアジサイは軽井沢の山地にも普通に自生し、また別荘地や民家の植栽などでも目にすることが出来るため、この花が咲き出すと軽井沢にも夏がやってきたことを感じます。

20130706kumoba09.jpg
2013年7月6日 軽井沢雲場池 咲き始めたヤマアジサイ

緑は深まり、景色は夏の色合い。現在、遊歩道沿い(1周15〜20分程度)ではヤマアジサイの他にも夏の花が咲き出しています。※先月まで咲いていたキショウブの花期はほぼ終わりました。

20130706kumoba05.jpg
2013年7月6日 軽井沢雲場池 ドクゼリの花(咲き始め)

20130706kumoba07.jpg
2013年7月6日 軽井沢雲場池 シモツケの花(咲き始め)

20130706kumoba04.jpg
2013年7月6日 軽井沢雲場池 イタドリの花穂(開花前)

20130706kumoba03.jpg
2013年7月6日 軽井沢雲場池 オニヒョウタンボクの実(熟す前)

また、この梅雨の時期には下のキノコが出ます。

20130706kumoba01.jpg
2013年7月6日 6:30 軽井沢雲場池 タマゴダケ(卵茸)

卵の殻のような白い袋から出てくるので、タマゴダケの名が付いています。
(上写真はすでに白い袋から出た状態)
上の写真は朝6:30頃に撮影したものですが、3時間半経つと下のように生長していました。

20130706kumoba02.jpg
2013年7月6日 10:00 軽井沢雲場池 タマゴダケ(卵茸)

タマゴダケは食べられるキノコですが、似たものに「タマゴダケモドキ」という毒キノコもあるので、食用には細心の注意を払う必要があります。

最後になりましたが、カルガモ情報です。

6月25日に2羽のヒナを確認しましたが、3日後以降、姿が見られなくなりました。どこかに移動してしまったのか、あるいは他の動物や鳥に狙われてしまったのか分かりませんが、さみしい限りです。
過去の例から7月に入ってからも雛が誕生することがありますが、また来年以降を楽しみにしようと思います。
※カルガモの雛はいませんが、カイツブリの雛が順調に育っています。

【除草作業のお知らせ】

20130706kumoba06.jpg
7月6日 軽井沢雲場池 除草作業用のボート(観光用ではありません

7月23日頃までの予定で池の除草作業が行われています。
これから雲場池に行かれる方におかれましては、一時的に遊歩道の通行規制がかけられることがあるかも知れません。その時は表示案内に従っていただくようお願いいたします。
posted by 軽井沢草花館 at 11:53| 2013年新緑以降